宮崎果樹園

みかんづくりの一年

みかん畑は1~2年放置してしまうと、雑草が覆い茂るだけでなく、木にカズラが這い上がり、すぐに雑木林や密林のようになってしまいます。

 

病害虫が多く発生し、栄養不足で実が固くなり、美味しいみかんができなくなります。そうなってしまうと、元の畑に戻すことは、非常に困難になります。

 

高齢化や後継者不足で耕作放棄地になると、みかん山が数年で、ただの荒れた山になってしまいます。せっかく父たちが山に入って開墾して作ってくれたみかん畑ですから、いつまでも美味しいみかんが作れるようにしていきたいです。

 

そのためにも、もっとみかんを食べて欲しいです。これは、全国のみかん農家さんの願いだと思います!