園主日誌

6月17日

草刈りに摘果。

今日はうって変わって快晴。

梅雨に晴れ間といったところだが、まだ梅雨入りの報道はない。

今はあちこちそれぞれの作業。

うちみたいに草刈りや、防除、剪定、間伐、マルチの準備、雑木の切り倒しなどなど。

今日は奮発して石垣鯛の刺身。

それに直販場のキュウリ。

このキュウリがまたうまい。

まだ花弁がついていて、しかももぎたて。

なんとなくトマトの価格が下がった気がするが・・・。

先にレジに並んでいた人のトマトが198円。あの量でと驚いた。

 

6月16日

草刈り、はるみの上部全摘果。

晴てるというか薄曇り。

徐々に天気も今一つの空。

TVでシャクの話題。

今が旬だそうで天ぷらや茹でて食べる。

独特の苦みがあり酒に合う。

店先にはばい貝を見かける。

煮つけで。これも肴に。

イサキも大きいものが並び始める。

イサキの刺身に鱧の天ぷらか湯引き。

このセットなら酒がうまいだろうな・・・。

枝豆を大量に頂いたので、いまそちら。やめられなくなってしまう。

というのも子供たちから父の日ということでビールを献上してもらった。

6月15日

今日は雨。

雨量は30数mm。

リコールにかかった車が出来上がる。

タイヤの交換を進められ、予約。

帰りしな立ち寄った店で鮎(養殖もの)を見かけ、1尾買ってみる。

卵を持っていた。美味い。

記憶にないほど以前、知り合いに方が自分でつられ天然物の鮎の甘露煮を持ってこられた。

そのうまさは今でも忘れられない。

天気予報には曇マークが連なる。

これはどうなるかわからない予報。

やがて梅雨入りか?

6月14日

今日は草刈りにはるみの上部摘果。

雨が降るまでと畑に。

予報より早く降り出し、10時ころ帰宅。

夕方から河内のミカン農家の同級生と飲んだくれ。

久方ぶりに会ったのでついつい杯が進む、話も。

彼の心配は雨が少ないこと。

園地が乾燥気味で推移しているので落果や病害虫。

何年振りかに締めにラーメンを食べた….

 

6月13日

今日は草刈りにはるみの上部全摘果。

春先借りた園地内の作業道に砂利を敷く。

この前敷いてみたが、まだ土が流れるようで念の為敷いている部分を伸ばしてみる。

今回はクラッシャーラン。

まだ土手や道に草が生えないので土砂が雨のたびに流れ出す。

鱧のおろしが骨切りをして売ってあった。

以前は地元スーパーで魚屋さんが作っていたが、今や地元スーパーはイオンやゆめマートに。

鱧の骨切り物はとんと見かけなくなった。

ホームセンターの中にある地元産の農水産物を扱う店で発見。

天ぷらと湯引きで。

今回の鱧は甘みが強く、美味い。

関西では鱧は高級魚。

地元では本来たくさん獲れるので1尾大きさによるが398から598円。

梅雨に入ると鱧やイサキ、何とも言えず旨い。

6月12日

今日は休み。

車がリコールでディーラーに持っていく。

時間がかかるとのことで台車。

今日はいただいたインゲンを天ぷらと野菜炒めに。

久方ぶりのインゲンは口になじむ。美味い。

6月11日

午前中、道路に面している石垣の除草。

50mほどあるので思ったより時間がかかる。

終えて剪定。

今日は久方ぶりのメンバーで飲み会。

しかし、天気が良いので早めに解散。

農家は雨が降らないとなんとなく落ち着いて飲めない。

 

6月10日

剪定。

やがて剪定も一通り終える。

後畑一枚。

6月に入り例年とは違い雨の日が少ない。

仕事も進む。

無人販売の棚に置いてある紫の玉ねぎにはまってしまっている。

スライスし、サラダに。これは旨い。

 

6月9日

晴といえば晴れ、曇といえば曇といった天気。

草刈りに剪定。

青島の木はどういうわけか枯れこむ。

チエンソーできると芯まで枯れている。

切って焼却。

この時期燃やすと熱さに負けてしまう。

早くもばて気味で焼肉を食うことに。

塩、コショウで食べたら元気になった。

塩分が不足しふにゃっとなっていたのか?

しかし食欲があまりなく、小皿に持ったくらいの肉で終了。

季節の代わりめで致し方ないか。

 

6月8日

天気が回復するとの予報だったが小雨交じの空。

不知火の園地の草刈りをする。

これは不知火の様子。

日ごとに実が大きくなる気がする。

週間天気予報は晴れマークが並ぶ。

剪定や摘果が進みそう。