園主日誌

3月2日

庭先の椿、つぼみ

朝方雨は上がる。20mmほどの降雨。

今日は不知火の出荷準備。

低気圧通過後風が強く、寒い一日。

アサリの味噌汁、ちとまだ早いか、アサリのうまみ、身の大きさは今一つ。

 

 

3月1日

今日は果樹部会の剪定講習。

みかんと、不知火の木を剪定。

土の枝を切るかはそれぞれの考え方があり10人寄れば10人の意見。

昼前に終わり、不知火の出荷準備。

 

2月28日

早2月も終わる。まさに「逃げる二月」

不知火とネーブルの出荷。

朝晩は冷えるが日中は暖かさが戻る。

キャベツが特段にうまし。

2月27日

今日も寒い一日。

不知火の出荷準備。

ネーブルも取り出し選果機にかけるがうまくいかない。

乾燥しすぎか?

倉庫を片付け庫内に水を打ち、加湿器をかけ帰宅。

 

2月26日

隙間のスミレ

今日は朝から雨。風も強い。

春の嵐にしては寒い。

終日降り続く。

 

2月24日

今日ははるみの出荷(終了)

倉庫を片付け不知火、ネーブルの出荷資材に切り替え。

日中は気温が上がり湿度も20%台。

乾燥している。

今日は店先で牡蠣を見かけ湯豆腐。

牡蠣も終盤に入り今のうちに食べておかねば。

2月23日

昨年割っておいた石を作業道の土手に継ぐ。

久方ぶりの重労働。

小さいと思っていた割って愛ない石を掘り起こすと大きすぎて持ち上げられない。

転がして根石に。

最後のはるみの出荷準備をし帰宅。

いよいよ3月に入る。出荷の合間には手入れ作業。

菜花の豚肉炒め、やめられない。

2月22日

朝方市場へ。

せり前に覗きにいく。

今村(普通温州の一種)は格段にうまかった。

不知火も今日からは先週の倍ほど出ているとのこと。

酸が強いところもあるがどこも旨い。

ネーブルも件数が増え、中晩柑類へ移行中。

 

2月21日

日付を見るとやがて2月も終わる。

まさに逃げる2月。

はるみを出荷。最終盤。明日で終える予定。

今日は春の陽気。午後はむしろ暑いほど。