5月11日

 

今日は曇天。雨の前でむさくるしい1日。

河内晩柑の剪定、芽切。

九州南部早くも梅雨入り。

早い梅雨入りの時は大雨による被害が多いそうだ。

1951年の統計を眺めていると雨量は多い。が、夏場の最高気温が32度ほど。

今とは暑さが違う。

現代地べたを覆いつくす市街地は照り返しで歩けない。地べたが日射を吸収してくれない。

その点畑は幾分暑さが違う。

それと同じで降った雨も表面にとどまり町中はあっという間に水没。