熊本の小さな農家から、産地直送の採れたてミカンをお届けします

昨年割っておいた石を作業道の土手に継ぐ。

久方ぶりの重労働。

小さいと思っていた割って愛ない石を掘り起こすと大きすぎて持ち上げられない。

転がして根石に。

最後のはるみの出荷準備をし帰宅。

いよいよ3月に入る。出荷の合間には手入れ作業。

菜花の豚肉炒め、やめられない。