熊本の小さな農家から、産地直送の採れたてミカンをお届けします

薬剤が足りなかったので買い求め、残りのネーブルにターム水溶液(後期落果防止)撒布。

終えて収穫予定の早生に殺菌剤、炭酸カルシュウム、葉マグ、リン酸散布。

まだまだ色付きはまばら。

さらにはイノシシの食害がここもかというほど見つかる。

区役所に電話すると「その地域は鳥獣保護区で銃は使えない」とのこと。

おと年より前は猟友会が定期的に銃で捕殺していたのだが・・・・。

行政はよくわからない・・・。

ずいぶん前、この地区は鳥も獣も多すぎるほどいるという調査結果を聞いた。

鳥獣が農地や家庭菜園に降りてきて食い荒らすだけではなく、石垣や土手を壊して回り、空からは糞害。

増えすぎてバランスが取れていない。