園主日誌

7月15日

今日で一通り黒点病の防除を終える。

伸び放題の雑草へ除草剤の散布へ。

今日は梅雨の晴れ間。青空もまぶしく見える。

6月終わりから降り続き、園地が乾かないので果実肥大が進んでいる気がする。

今年はまだ梅雨明けではなく、まだしばらく天気は雨模様らしい。

 

7月14日

今日も雨。

昼過ぎ一旦止むが夕方雨。

梅雨らしい天気。

気温がやや低い分、いつもの梅雨とは違い過ごしやすい。

明日から天気は回復。

防除の準備だけ済まし帰宅。

7月13日

今日は終日雨。

午前中はさほどではなかったが、午後一時強雨。視界が白くなっている。

本を数冊買い帰宅。

飲み会をしようと電話があり、出かけることに。

雨のせいか皆のんびり2度3度帰りかけたが11時になってしまった。

 

7月12日

今日はうって変わって夏空。

黒点病の防除。

後、不知火とはるみを残すのみ。

雨が続くとのことで合間にでも散布かと。

あちこち除草剤散布中、夏草がはびこっている。

小さいタンクを積んでいるので見分けがつく。

今日は耳の病院へ。(外耳炎らしい、再発)、かれこれ2週間通院。

耳鼻咽喉科は込み合う。想像以上。

いつもだとま、一時間は中に居るが、やや混むと2時間ほどかかる。

今日はやや早めに仕事を切り上げ病院へ。

ところが以外にも30分ほどで終える。

子供さんが多いが、今日はちらほら。

といくことで4時前に帰宅。

まだ仕事はできるが・・・・。

店で浅漬けを買ってみる。

キュウリになす、大根ニンジンのセット。これが旨いこと美味いこと。

程よく酸味があり肴になってしまった。

店先で市場の方に会い、イチジクの宣伝販売をやってますとのこと。

試食してみると上品な甘さ。これは少し冷やして食べたら抜群だろうと。

 

7月11日

ネーブルの摘果を終える。

午後天気も回復し、除草剤散布とネーブルの黒点病防除。

明日は晴れの見通しで黒点病の防除を。

7月10日

雨の降り出汁までとネーブルの摘果へ。

今日の木々はやや実付きが多い。

だいぶ落とす。

昼前には降り出し、やがて本降りへ。

かんぽ生命のニュースが流れる。

コンプライアンスが叫ばれてかなり久しいが、なかなか浸透はしない様子。

会社優先なのか顧客優先なのか、はたまた現場の上司を見ているのか。

なかなか難しいが、信用を無くしてしまったのは間違いない。

数日前警察官が高齢者のお金を預かるとだまし、横領したような報道があった。

まさか警察官がこんなことをするとはと被害者。

子供たちのいじめからの自殺も先生や教育委員会の責任逃れの弁、行動。

これは先生は専門家ではないので人の死を自分たちで(専門外だから)片付けようとするなどおかしいのでは。

さて今年の気象は冷夏や日照不足が農産物への影響が喚起されている。

猛暑で、熱帯夜でと昨年も大変だったが、今年は生活のは良いが肝心の米、野菜に影響が出始めている。

自然とは厳しい・・。

今日の一番はキュウリとナスに浅漬け。

 

 

7月9日

黒点病の防除。

今回はジマンダイセン、液糖、ニューバイオスプリング、葉マグ、リン酸。

 

どうにか天気は回復。

寒気が上空に入り込んでいるということでやや気温は低い。

週間予報は雨マークばかりになる。

 

 

7月8日

未明雨。

今日はネーブルの摘果。

今年は実付きがよくやや早めの摘果。

午後は天気も回復。肥曙という品種のミカンにフィガロン散布。

明日から黒点病の防除。

天気予報は雨マークが多いので天気を見ながらの散布。

ミョウガの天ぷらを作ってみたがこれは今一つ。

冷ややっこに乗せた方がはるかに旨い。

店先でトマトを見かけると無性に食いたくなる。

今日も規格外のトマト1ケース買う。

7月7日

今日は除草剤散布。

日中の蒸し暑さは何とも言えない。

草は伸び放題、踏み倒しながら除草剤は撒かなければならないほど。

奴に刻んだミョウガ。ミョウガの何とも言えないクセが口に充満。

鼻に抜け良い心地。

昨年はやがて梅雨明け。

7月6日

不知火の摘果を一通り終える。

ネーブルに向かったが、まだ二次落果中。

晩柑の若木の草刈りへ。

伸び放題なので悪戦苦闘。

昨年は今ころから除草剤を使っている。

今年はまだ梅雨が明けないので見送っているが、散布を始めないと伸びすぎる。

トマトが旨い、うますぎる。