園主日誌

9月26日

雨が降り出すまで摘果をと出かける。

ほんのちょっと摘果をしただけで雨がぽつぽつと。

やがてしとしと雨に。

今日はこのシトシトが終日続く。

帰宅しのんびりと。

休日でもあり外は静か。

時折カラスが鳴く。

気温も上がらず肌寒い。

窓の外を眺め、子供の頃を思い出す。

まだまだ整備されないミカン畑、桃の木も植えてあった。

そこに鳴くカラス。

山の中の一軒家はさみしい限り。

カラスの鳴き声が谷間に響く。

その鳴き声が今日よみがえった。

周りは家ばかりだが、なぜか40年も50年も前のカラスの鳴き声が今日その当時と同じように響く。

年を取ったから昔のことを思い出すのか?

ここにきて秋雨が長すぎ。

7月8月の分を降らせている・・・。

 

9月23日 熊本のミカンは・・・。

今日も草刈り、青島の枝釣り、葉ミカンの摘果。

これは青島。

孟宗竹で枝釣り。

今年は表も表、ブドウのような成り込み。

来月は摘果か。

これは葉ミカン。

葉ミカンも成り込みが多い。

お正月用のミカンで近年作る人が急減。

このくらいの数に摘果。

葉ミカンの摘果もあと半日くらい。

ということで午後は休みに。

雨酔ではなく曇酔。

しかし良く昼寝が出来た。

いわゆる爆睡。

夏の疲れかここ倦怠感が出る。

一通りの作業が終わって安心したからか。

これからは仕上げ摘果に(日焼け果や小玉果を落とす)、葉面散布、

除草。半月くらいは緩め。

ここにきて天気は今一つ。

 

9月22日

今日は未明も小雨。

みかんの木々は露をまとう。

草刈りをしながら葉ミカンの摘果。

午後は天気も回復し蒸し暑い一日となる。

青島の成り込みが多く、枝釣りをしないと草が刈れない。

葉ミカンも今年は表でかなりの摘果量。

昨日食べたしめ鯖が美味しく今日も同じもの。

北海道北釧産と表示。

締め方もサバも何とも言えない旨さ。

 

9月21日 熊本のミカンは

今日も時折雨の一日。

ミカン園を眺めに行く。

これは不知火の様子。

一気に秋芽が吹きだす。

ところどころ他の園地を眺めるが、ずいぶんと肥大が進んだ気がする。

またこのところの雨で雑草も目立つ。

特にマルバツユクサ。

夏場雨が少なくめだたなかったが、ツユクサらしく雨とともにはびこり始める。

近所の方のミカンを食べさせてもらうが、美味かった。

糖は乗り、酸は抜けている。

 

9月20日

今日は雨。

この時期としては雨量もあり、150㎜程降る。

雷も鳴り響き夏の夕立のような降り方。

北海道展が開かれていることのことで出かける。

海のものお菓子と買う。

大地震に対し何もできないので、少し北海道産を買うくらい。

雨ということもありのんびりと休めた。

 

 

9月19日

一通り摘果が終わる。

後は葉ミカン、青島など。

青島は10月に入ってから。今年は成り込んでいるので摘果する。

葉ミカンも今年は表年。

いずれも量は少ないので・・。

しかし、このところの雨で雑草が一気に芽吹く。

しかも不知火も秋芽がざっくり出始める。

近くの不知火を作る人も秋芽に驚いている。

養水分が十分に吸収されたか?

しかし秋芽はいらないのだが。

しばらく天気は良くない見通し。

草祓いをするか、除草剤を撒くか検討中。

 

9月18日

午前中は摘果。

ここの園地はミカンハダニが目立つので午後ダニ剤散布。

葉マグ、液糖、リン酸混用。

隣の園地もダニがいるとのことで散布中。

今年は雨が無く乾いたのでハダニは多い。

跡、1,2日で摘果も終わりそう。

見直し摘果へ早く向かいたい。

まだまだ小玉果が散見される。

ヤリイカが目についたので刺し身に。

まだ甘みとうまみが足りないような気がする。

先般飲み屋さんでサンマを塩焼きで。

美味いこと美味いこと。

我が家で焼くと唸ってしまう・・。

9月17日

摘果。

 

 

 

 

これははるみ。ところどころ小玉があるので摘果をしなければ。まずは早生を終えないと。

これは河内晩柑。

一通り摘果はしたのでサイズ的には良いが、今年は肥大が緩慢。

周りの農家でもミカンを直販している方々がいるが、一様に送料の値上げに悲鳴を上げている。一気に値上げされてしまった。

やはり個人は不利。農家は産直フルーツ、産直野菜など自分で価格が決められることが難しくなる。

即配します、明日には届けますなどコストアップの体制では・・

さらには人手不足。厳しい世の中。

 

9月16日

摘果。

午後、一部青島に浮皮軽減で、ジベレリン、ジャスモメート液剤散布。

午前中は昨日の雨のせいか蒸し暑い。

気温30度超えるとまだまだ外には出たくない。

9月も半ば、ミカンの収穫時期が近まると時間の経過が早い。

梨のうまさには感激。

9月15日

摘果。

昼ご飯を食べていると雨。

レーダーではすぐに止む様子。

しかしなかなか止まない。

またレーダーを眺めると今度は線状に雨雲が。

予報も雨に変わり、ま、ホームセンターでも出かけるかと。

エンジンオイルや作業場につけようかとLEDの電灯など買い帰宅。

今日の雨は予想外。

摘果をあと3日ほど、草も出かかっているのでそちらも。

竹枯らしを巻く時期にもなってきたのでそちらも。

あと2か所電気柵も点検整備しなければならない。

終えると本格的に収穫の準備。

今年は平年より2,3度気温が高い。着色はどうなるやら。