はるみの出荷と、木の剪定

このところの作業は、はるみの出荷と、木の剪定や伐採作業を並行して行っています。

dsc_5949.jpg

これは、「尾崎」という中生品種のみかんの木です。
実がなった枝を一つ一つ節目から切り落とします。
そうすることで、来年、いい実を付けるんだそうです。
気が遠くなりそうな作業です(^^;)

dsc_5948.jpg

1時間かかって、結局、この1本しかできませんでした。
もっと目が慣れてくると早くできるのかもしれませんが…。

 

dsc_5982.jpg

これは、不知火(デコポン)の木です。
長くなった枝や、密集している部分の木を伐採しています。

 

チェーンソーで、容赦なくバンバン切ります。

dsc_5983.jpg

伐採した枝や木を畑の一角に全部集めて燃やします。

dsc_5985.jpg

密集している部分の木は、一本丸ごと伐採して、隣の木の枝をビニール紐で引っ張って、枝を広げ、内側まで光がよく当たるようにします。

dsc_5981.jpg

今、唯一、実を付けているのが「晩柑(ジューシーオレンジ)」です。先日の寒波で、凍ってしまったかな?と思いましたが、、、

dsc_5974.jpg

今のところ、大丈夫っぽいです。今年は、何とか出荷できるように、もう寒波が来なければいいのですが…。

 

dsc_5946.jpg

貯蔵庫では、3月出荷予定のネーブルと不知火(デコポン)を貯蔵しています。温度と湿度管理のため、工業用扇風機2台と加湿器をフル稼働しています。

 

「はるみ」は、あと3回分の出荷で終了します。来週中に全部出荷してしまう予定です。

17-02-10-20-34-32-067_deco.jpg

注文が重なってしまい、お待たせしてしまって、申し訳ありません。
順次発送しておりますので、お届けまで、もうしばらくお待ちください。

 

Share