5月21日

関西の旅の余韻を残し今日からミカン畑へ。

未明の雨で木々には露が残る。

近所のミカン農家との立ち話で、今年は一次落果が多いと。

道すがらあった農家も同じ発言。

高温だったが雨も適度に降ったのだが・・・。

防風林を整備し、草刈り。

露が取れて剪定。

チノギクを手で引き抜きながらなので時間がかかる。

とうとう春の除草剤散布はしていない。

ところどころツユクサなどの夏草が見え始めた。

天気は周期的に変わり曇りや雨の予報が多くなった。

やがて梅雨入り。

アジの刺身。

油が乗り大当たり。

大変美味。

ネットを眺めていると平成29年産のミカン出荷量は74万トン。

高齢化、木の更新が進まず古木が増えている、気象変動などで生産量が減っていると。

熊本も地震をきっかけに一気に出荷農家が減った。

日本の一次産業はどうなることやら。