4月25日

午前中は木々も露に濡れていたので、草刈り。

午後は晩柑の摘心、タケノコの切り倒し。

昨日は100mm以上の雨量があり、工事中の道路は大きく溝ができ土砂が大量に流されていた。

園地につながる道は入れず、歩いて中に入る。

金峰山から連なるこの辺り山々は雨の通り道で、雨量も多くふもとで降雨がなくても一帯は雨。

県の水路工事も2年放置したまま。

梅雨時などの大雨で工事中の農免道路は川のようになる。

そのたびに敷かれた砂利など流れ、毎回下の住民から苦情。

敷いては流されの繰り返し。

いろいろ事情があるのだろうが税金の無駄遣い。

今日はきぬさやを炒めてつまみに。