1月2日

年も明け2日。

墓参りをし、金峰山へ。

この金峰山は意外にも登山者が多い。

熊本市内の西部にある標高660m余り。

場所的にいいのか。

熊本では名物のさるすべり。

サルが滑るほど急な登山道をたとえている。

子供のころから若いころはここを登っていたが、

今や山頂まで300mほどにある駐車場から登る。

熊本市がぐるっと一望でき眺めがいい。

子供のころは弁当を持って登ったことを思い出す。

山頂から見えるわがミカン園は小指の爪ほどにもない。

反対側の河内方面を眺めるとミカン畑がこんなに広がっているのかと、感慨深い。

親父と登ったことはない。

親父はわざわざ山に登ることなど頭になかった。

子供のころは金峰山に登ることも一つの遊びだった。

頂上には売店がありお菓子を食うのも楽しみだった。

なんとなく正月2日目も過ぎる。