2月19日

昼過ぎまで雨模様。
今日はまた長崎へ。
目的はランタン祭り。
女房と上の子。
長洲から多比良港へ渡る。
ジャガイモで有名な愛野を経て長崎へ。
10数年前住んでいた街を見て諏訪神社に。
子どもも懐かしかったのか1時間余り散策。
子供動物園を歩くが、動物の数は減った。
リス、くま、などいない。
檻が空き家になっている。
女神大橋を見たいということで、忘れかけた街を抜け辿り着く。
湾にかかる橋は綺麗な、見事な橋。
4時半頃繁華街に戻り、それぞれ単独行動。
子供らは浜屋デパートに行くと。
自分は銅座や思案橋付近など歩き回る。
裏通りに行くとなんとなく覚えている飲み屋街。
潰れている店も数多くある。
密集しているので小さな店が多い。
ネオンが灯ると雰囲気は最高。
待ち合わせの時間まで30分ほどあり、焼き鳥屋で1杯。
子供たちと合流し中華街の店で晩飯。
定番のちゃんぽん、皿うどん、角煮など食べる。
3人とも同じ感想。
麺が伸びている、味が甘い、と。
さて蛇踊りなど大混雑の中で見て眼鏡橋へ。
そこは人通りも少なく、静かな川面に映るランタンは風情がある。
中島川に降りて下からも眺める。
中華街周辺もいいが、眼鏡橋付近も日本人に合うランタン風景。
日帰りの長崎だったが色々と思い出したいい1日だった。
あまり気にしなかったが、今や全員カメラマン。
スマホや携帯などでみな光景を撮る。
風景や出し物等見るというよりは、「撮る」という感じ。
なんとなくなじめない。