尾崎みかんの出荷を始めます。

尾崎みかんの出荷を開始いたしました。
ご予約いただいているお客様には、順次発送させていただきます。
(出荷期間は、1週間程度)

—-【尾崎みかん(中生)】について—
長崎県佐世保市の尾崎さんというみかん農家のお宅で発見され、佐世保温州みかんとして登録されたそうです。尾崎の木は、葉っぱの色がとても濃い緑で、枝が硬いのが特徴です。栽培が難しいため、作っている農家は少なく、珍しい品種になります。酸味が少なく、後味のよいみかんです。

今年の熊本は、12月に入って、寒い日もあれば、18度を超える高温の日もあり、みかんの状態が気温によってかなり影響されています。早生みかんは皮が薄いため、かなり弱っており、年末の出荷は見合わせることになりそうです。贈り物用や、年末年始用には、尾崎みかん(中生みかん)をご利用いただければ幸いです。

—-【みかんの種類について】—
みかんには、大きく分けて4種類あります。
「極早生みかん」「早生みかん」「中生みかん」「晩生みかん」
それぞれ、収穫時期によって分類されています。
地域によって違いもありますが、極早生みかんは10月に収穫され、早生みかんは11月~12月、中生みかんは12月、晩生みかんは1月…といったところです。皮の厚さも、収穫時期の順に厚くなっているという感じです。

当園で作っているみかんは、極早生みかん(肥のあけぼの)、早生みかん(興津、宮川)、中生みかん(南柑20号、尾崎)、晩生みかん(青島、金峯)です。

尾崎みかんは、中生みかんなので、早生みかんに比べると、若干皮が厚く日持ちします。
暖房の効いてない部屋で、箱のふたを開けて保存してください。みかんとみかんが重なっている部分には、新聞紙を挟んでおくと腐敗しにくいようです。乾燥しないように、上から新聞紙を被せておいてください。

Share
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA